• English
  • Japanese

Googleドライブファイルストリームを使ったデータの保管

keio.jp で G Suite を利用可能な方は、Windowsパソコン のエクスプローラーを使って、Google ドライブ 上のファイルを表示、検索したり、データを保管することができます。

  • ITCの設置パソコンでも利用可能です

  • 今のところ容量に制限はありません

ITCの設置パソコンでの利用

ITCの設置パソコンで利用する例を以下にご紹介します。

  1. Windows のスタートメニューから、"Drive File Stream" をクリックします。


  2. 「Googleドライブへのログイン」が表示されますので、"メールまたは電話番号" で、慶應IDを入力し、「次へ」をクリックします。


  3. keio.jpのログイン画面が表示されますので、keio.jpのアカウントでログインします。


  4. 画面右下に以下のメッセージが表示されますが、しばらくお待ちください。


  5. 以下の画面が表示された場合は、ウィンドウを閉じて構いません。


  6. 左下のスタートメニューで、右クリックし、"エクスプローラ" をクリックします。


  7. Google Drive File Stream(以下、"Gドライブ" と呼びます) が表示されていることを確認します。
    Gドライブをダブルクリックすると、 "マイドライブ", "チームドライブ" が表示されます。これらを介して、Google ドライブにアクセスできます。


利用上の注意点

  • ドライブ内のファイルを削除すると、削除したファイルは、Google ドライブ内のゴミ箱に移ります。
    ゴミ箱に移されたファイルは、30日間で完全に削除されます
    ゴミ箱は、Gドライブで表示されません。Webブラウザからドライブにログインを行ってアクセスしてください
    参考:ドライブへのログイン

  • ITCの設置パソコンでシャットダウンやサインアウトをすると、Gドライブからも切断されます。Gドライブを再度利用する場合は、前述の手順を再度実施してください。

最終更新日: 2018年8月31日

内容はここまでです。