• Japanese

よくある質問 (個人ウェブページ公開)

個人ウェブページの公開方法についてよくある質問を掲載します。

  1. 基本的な設定方法
  2. 作成した HTML のリンク先が表示できない
  3. 文字化けが起こってしまう

基本的な設定方法

作成される Web ページ のアドレスは http://user.keio.ac.jp/~ユーザ名/となります。
WinSCPを利用してWebサーバにログイン、localで作成したファイルをuploadするという流れになります。
詳しくはWeb ページの公開方法 (Windows) をご覧下さい。
ITC設置パソコンにはWinSCPが標準インストールされていますが、個人所有のパソコン等インストールされていない場合は、別途インストールが必要です。
この手順についてはWinSCP のセットアップ方法を参照してください。

作成した HTML のリンク先が表示できない

img および a タグ等における、プロトコル指定に関する注意点

主に、Microsoft Word、Publisher、ホームページ・ビルダーなどの HTML を自動生成するアプリケーションを使った場合に以下のような症状が出ることがあります。

  1. 自分の使っているコンピュータで表示すると意図したとおりだが、隣のコンピュータでみると画像だけが出ない
  2. 自分のコンピュータのドキュメントで開いているときには大丈夫だったのに、Web 領域にアップロード後の閲覧ではリンク先が開けない

このような場合、URL のプロトコル指定部が「file」になっている (例 file:///C:/foo/bar/boo.html) 可能性があります。ローカルでもネットワーク越しでも正しく表記できるよう、プロトコル非依存の相対表記(例 ./bar/boo.html)にすることを薦めます。

文字化けが起こってしまう

多くの場合はこれで解決

基本的にはブラウザ側の「エンコード」「文字エンコーディング」の設定を変えれば対応できます。
例えば、Internet Explorerの場合、

  1. Altキーを押す → [表示] → [エンコード]を開く
  2. 「日本語(自動選択)」、「日本語(EUC)」、「日本語(シフトJIS)」、「Unicode(UTF-8)」などを試してみて、文字化けが起こらないエンコードを探してみる

で、文字化けが解消されます。

最終更新日: 2019年3月11日

内容はここまでです。