• English
  • Japanese

G Suiteデータのバックアップ方法と注意点

1. G Suiteデータのバックアップ方法 | 2. アカウント削除後の共有ファイルとフォルダに関する注意点(重要) | 3. アカウント削除後のグループに関する注意点(重要)

1. G Suiteデータのバックアップ方法

「Google Takeout」を利用して、G Suiteのデータをバックアップする方法をご紹介します。

  1. 慶應メール(Gmail)にログイン します。

  2. GmailのWebメール画面、右上のアカウントをクリックし、「Googleアカウント」をクリックします。

  3. 「データとカスタマイズを管理」をクリックします。

  4. 開いた「データとカスタマイズ」のページを下に送り「データをダウンロード」をクリックします。

  5. 「自分のデータをダウンロード」画面が表示されますので、バックアップしたいサービスを選択し、「次へ」をクリックします。
    ※ 最初は、メール(Gmail)を含め、すべてのサービス対象が選択されています

  6. ファイル形式と配信方法を選択し、「アーカイブを作成」をクリックします。
    ※ 本例では、ファイル形式:.zip、配信方法:ダウンロードリンクをメールで送信 を選択しています。

  7. アーカイブが完了するまで数時間から数日かかることがあります。

    アーカイブが完了すると以下のようなメールが送信されてきます。

  8. 「ダウンロード」を押し、任意の名前、場所で保存します。

  9. 保存したデータファイルを展開(解凍)してください。
    データの形式については、データのダウンロード: サービス別の情報 をご参考ください。

取得したGmailのバックアップデータを「Thunderbird」へインポートする手順は、【Gmail mboxデータインポート方法】をご参考ください。

2. アカウント削除後の共有ファイルとフォルダに関する注意点(重要)

マイドライブと共有ドライブ(管理者がご自身のみ)でファイルとフォルダを共有している場合、離籍後、共有されているユーザーは閲覧することができません。
※共有ドライブで共有するか、マイドライブで共有しているファイルとフォルダのオーナーを変更してください。

操作マニュアル

3. アカウント削除後のグループに関する注意点(重要)

グループ管理者が一人の場合、その人が離籍するとメンバーがグループを利用できなくなります。
※管理者を複数設定するか管理権限を移譲してください。

操作マニュアル

最終更新日: 2020年1月28日

内容はここまでです。